ミノキシジル系育毛剤でハゲを克服しよう

ミノキシジルとは血管を拡張させる効果が認めらている成分

img01

ミノキシジルとは血管を拡張させる効果が認めらている成分のことです。
AGAを発症した男性の場合、脱毛因子により毛母細胞の働きが悪くなっていることがありました。
ミノキシジルを使用し頭皮下にある毛細血管を拡張させると、毛母細胞の働きが活発になり発毛が促されます。

ミノキシジル入りの育毛剤(育毛薬)にはリキッド、ゲル、タブレットと主に3種類あります。
リキッドは液体状なのでAGAの症状が進んでいる場合、流れてしまうことがありました。
ゲルであれば流れてしまう心配があまり無いと言うメリットがあります。
タブレットは服用するタイプのミノキシジルで、頭皮に塗るリキッドやゲルより効率よく成分を効かすことが可能です。

ミノキシジルには成長因子の分泌を促す効果

ミノキシジルには成長因子の分泌を促す効果まで期待されています。
新しい血管を作ったり傷ついた血管を修復する血管内細胞増殖因子、毛母細胞の分裂を促す角化細胞増殖因子の2つの成長因子で発毛を促進させると言う特徴があるのです。

有名なプロペシアは脱毛予防に効果的ですが、ミノキシジルは発毛を促進させると言う違いがあります。
プロペシアとミノキシジルを併用することで相乗効果が期待できると言うメリットもあり、多くのAGA男性患者さんに注目されています。

ミノキシジルは市販の発毛剤にも配合されており、自宅で手軽にAGA対策が行えます。
国内の製薬会社から発売されている発毛剤では、ミノキシジル5%のものが見られます。

ミノキシジルで特によく見られる副作用が頭皮のかゆみ

ミノキシジルで特によく見られる副作用が頭皮のかゆみです。
軽度から重度まで個人差がありますが異常が見られたら医師に相談して下さい。
その他にもニキビや頭痛、手足のしびれ、不整脈、動悸、性欲減退、体重増加などの副作用が見られます。

高血圧の薬を服用している患者さんはミノキシジルの血管拡張効果と重複することがあるので注意が必要です。
ドラッグストアでミノキシジル配合の発毛剤を購入する時は薬剤師に相談してみて下さい。

5%濃度の発毛剤は女性では使用ができませんが、女性用に濃度を1%に薄めた発毛剤であれば大丈夫です。

ただ、男性に比べてリスクもないとは言えないので、病院での治療を受けたことが無い場合は、花蘭咲マイナチュレなどの女性育毛剤を使用するのがよいかもしれません。

ミノキシジルタブレットは頭皮に塗るリキッドやゲルより多毛症などの副作用が出やすいです。
顔や手足など他の部位まで濃くなることがあります。
その他の副作用等について

AGAクリニックもしくは個人輸入で購入可能

img02

ミノキシジル入りの育毛剤は、個人輸入等を使えば、より濃度の高い育毛剤も利用でき、ミノキシジル ポラリス等が人気です。

ミノキシジルは医師から処方を受けることも可能です。
個人で使用するより医師の指示の元で使用したほうが安心感が違います。
AGAクリニックであればプロペシアとミノキシジルと両方の処方が受けられますので、ミノキシジル単剤よりもAGAの症状が改善しやすいです。

育毛剤に配合されている有効成分は医学的根拠があるのかどうか良く分からないことがありますが、ミノキシジルはきちんと医学的根拠がある有効成分と言う点も大きなおすすめポイントです。

効果があるのか無いのか分かり難いものを使うより安心感があります。

その代わりに必ず効果が出るわけではありませんので事前に把握しておいて下さい。