ミノキシジルとその他の育毛剤(育毛薬)の違い

育毛剤には様々な有効成分があり、その1つで有名なのがミノキシジルですが、ミノキシジルの他にも育毛剤に入っている成分があるので、どのような違いがあるのかを確かめてみましょう。

クリニックでも使用される薬でミノキシジルと並ぶ効果があると言われるのがフィナステリドでしょう。

プロペシアと言う名前の飲み薬を使用しますので、医師の処方箋を受けて使用しますが、男性のみに対応しており、女性向けの飲む育毛剤にはなりません。

また、外用として使う育毛剤でフィナステリドを配合しているものがあり、こちらも効果の高さが好評ですが、やはり女性が使用することを禁止しています。

男性ホルモンのテストステロンが、5α-リダクターゼと結合してできたジヒドロテストステロンによって薄毛が起こるので、AGAに対しての効果にはかなりの期待が寄せられています。

その他に、漢方生薬としても使用される成分が育毛剤には含まれています。

特に多いのはセンブリエキスの使用率で、毛根の血行促進に効果を発揮することにより発毛を促進すると言われています。

育毛成分の浸透を促進したり、血流を改善することからカプサイシンやトウガラシエキスが使用されることもあります。

頭皮は皮膚の一部で健やかな状態を保つと発毛促進できるので、スキンケアにも使用するヒアルロン酸やプラセンタ、システインを配合している育毛剤もあります。

植物由来の成分は、性別に関わらず使用できて副作用の心配もないところが評価されます。

しかし、ミノキシジルのような早めの効果を実感することが難しいというデメリットもあると言われています。

頭皮のコンディション改善もしながら育毛するなら、ミノキシジル+αの成分で構成されている育毛剤も有効でしょう。

また、ミノキシジルを使用している育毛剤は、男女兼用で使用できることからパートナーと育毛したい方には、とても便利な存在となります。